たった1つの薬で複数の美容整形に効果を発揮する仕組みと治療を受ける際の製品選びについて解説

サイトメニュー

正しく治療を受けるために

鏡を見る女性

副次的効果とマナーやルールも知っておこう

逆三角形のスマートな顔立ちになれることで話題を集めているのが、ボトックスの小顔整形です。この施術はエラの筋肉が太く発達している人ほど、小顔効果を得られるのが特徴となっています。施術に使うのは注射器のみなので、メスで皮膚を切開する時のような副作用はありません。ただし、下顎の動きを補助する筋肉の動きを弱めるため、術後は歯応えの強い食べ物が噛みにくくなるといった副作用はあります。ですがこれはボトックスの効き目が出ている印でもあり、しばらくすると慣れることから、とくに気にする必要はない副作用です。そして、神経の伝達を抑制できるボトックスは、花粉症治療の薬としても効果を発揮します。主な施術方法には鼻腔内へボトックスをタラタラと落とす滴下式があり、この場合は注射針で刺すこともありません。なので針を刺す痛みの副作用はなく、副作用に当たる症状がほぼないのが特徴です。例え鼻の奥から喉へ流れ落ちたボトックスを飲みましても、影響は確認されないと言われています。

町の内科などと違い、美容整形外科では完全予約制を採用しているクリニックが多くなっています。その場合は事前に予約を入れるのがルールですから、ボトックス治療を受ける際も、WEBや電話で予約を済ませておきましょう。ボトックス治療は短時間で終わるため、美容外科によってはカウンセリングの後、直ぐに施術してくれる場合があります。ですが当日治療の有無は各院の方針ごとで違うため、カウンセリングと施術が別日になる美容外科で治療を受ける時は、それに従うのがマナーです。また、副作用の心配が殆ど要らないボトックス治療は、未成年でも受けられますが、その場合は保護者から同意を得て、書面で提出したりするのが規則になっています。そのほか、ダイエットしにくいふくらはぎをスリムにできることから、ボトックス注射のふくらはぎ治療も評判です。この施術ではふくらはぎの筋力を弱めるため、術後は歩くと足疲れがするといった副作用も見られますが、次第にやわらいでいきます。ただし、交通ルールを守って安全運転をする意味でも、術後はしばらくの間、車などの運転を控えておきましょう。

Copyright© 2019 たった1つの薬で複数の美容整形に効果を発揮する仕組みと治療を受ける際の製品選びについて解説 All Rights Reserved.